二人で始める生活の資金管理

LIFE

これから付き合っていく相手と将来の事を考えて

生計を考えて行きたい方向けに書いています。

まずは現在の資金/ 借金を把握する

正しい家計を考えていくには現在の財政状態を把握する事が重要です。

借金は言い出しづらいですが、将来の事を考え現在の財政を確認することから始めましょう。

二人の合計(貯蓄) – 二人の借金 = 現在の財産

お財布の分け方を決めよう

お小遣い制

妻が家計を管理し、一定のお小遣いを夫に渡すタイプです。一括して家計を管理できるので、

貯蓄しやすいという長所があります。デメリットは、管理していない方があまり家計の事を

考えなくなってしまう事です。

生活費の先渡し制

月に必要な生活費をまとめて渡すタイプです。あまり生活費の管理をされたくない人向けの

タイプで、夫がお金の管理能力がある方向けです。デメリットは夫が自由に使える資金が

ある反面、貯蓄が溜まりにくい事があります。

共同財布制

お互いに働いている方向けで、生活に必要な資金を一つの口座にお互いが入れ合うことで

その口座から月に必要な生活費を支払うタイプです。このタイプは自分で使いたい資金を

自由に管理できる事がメリットで負担を分け合える事ができます。貯蓄用に別途口座を

作るのもオススメです。デメリットは、お互いが持っているお金が把握しづらいという

事があります。

負担別支払い制

家賃/ 車のローンは夫、それ以外の雑費を妻など支払いの項目毎に分けるタイプです。

生活費に残った資金が使えるのがメリットです。デメリットは貯蓄に関しての資金も考慮

していないと貯蓄が溜まらないというのがあります。

どの制度を選んでも、メリットデメリットがありますが、今後の出産や住宅購入など

大きくお金が必要になるタイミングが来るので、可能であれば収入や貯蓄をオープンに

していく方がいい事も多いです。子供が生まれると教育費や食費などがかかりますし、

住宅購入だと頭金や月々に支払うローンなどがかかってくる為、早いうちから

将来に対しての準備をしていく事が重要です。

必要なお金毎に管理する口座を分ける?

お金を貯めるためにはきちんと貯蓄できる口座を設ける事が重要です。その為以下のような

3種類の口座を設ける事を推奨しています。

生活する資金用の口座

家賃や水道光熱費、食費など生活をする上で必要な資金をここで管理を行います。

ここの口座には1~2ヶ月分の金額を入れておく事によって、引き落としされない事を防ぐ事が

できます。

緊急事態用の口座

ここには冠婚葬祭や、お年玉など普段の生活に必要になる資金以外の日常に必要な資金を

入れておきます。緊急に必要になる資金なので少なすぎは問題ですが、生活費に必要な

資金の3~4ヶ月分を入れて安心できるようにしておきましょう。

貯金用の口座

ここが一番肝心の貯金用の口座です。給料が出たら必ず先にここに入れる金額を入れ、

貯蓄をするんだという気持ちを持つ事が重要です。何か緊急に必要な金額が発生したとしても

緊急事態用の口座で対処し、ここの金額には手をつけないようにしましょう。

自分では貯蓄が中々できない人は?

中々貯めようと思っても貯蓄できない人は、自分以外の制度の力を借りましょう。銀行の

自動積立定期預金を使うか、勤務先にある財形貯蓄、社内預金など外部の力を使って貯める

制度もあるのでそちらに頼って、毎月一定金額を貯めるのもいいかもしれません。

封筒で予算管理?

一ヶ月で自分で立てた予算を元に生活を行う場合、かかる費用毎にあらかじめ封筒に

金額を入れておき、その金額で月の生活を行うようにします。

いくらかかるか仕分けする

給料が入ったら、各生活費毎にいくらかかるのかを仕分けていき、その分類毎に封筒を

設けて金額を入れておきます。

封筒の金額でやりくりする

日々の生活を各封筒毎に分けられた金額でやりくりをするようにします。

残高が確認できるので、月の経過した日数から使いすぎなのかどうかを判断しましょう。

予算の調整

月末になると各分類の予算を管理します。余った金額は貯金を行い、来月の予算からその

項目の金額を減らします。足りなかった項目は、なぜ足りなかったのかを確認し

無駄なお金を使っていなかったかを精査します。余計な支払いがなければ来月の予算を

追加します。

クレジットカードでお金を使ったら?

クレジットカードはクレジットカード専用の封筒を用意し、あらかじめ設定しておいた

金額を入れておき、引き落とし前に入金するようにします。

クレジットカードと上手く付き合う

現金を持っていなくても気軽に買い物が出来て便利ですが、あくまでクレジットカードは

借金です。家計のやりくりの足を引っ張ってしまわないように適切に管理しましょう。

支払いは一括で行う

カードには色々な支払い方法がありますが、一括以外だと支払う費用以外に余計な利息が

ついてしまいます。なるべく一括で支払うようにしましょう。

勢いでカードを使わない

カードは限度額まで使うことができるのでついつい使いがちですが、後々支払うことに

なります。お財布と相談し、なるべくカードは使わないようにしましょう。

リボ払いにはしない

カードの支払いが減ることで楽になるリボ払いですが、支払いを先延ばしにするだけで

15%以上の利息が発生してしまいます。その為どんどん借金の支払いを行い、借金が

返せずに溜まり続けてしまうので、なるべくリボ払いではなく一括で支払うように

しましょう。一括で支払い出来ない買い物はしないように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました