子育てにかかる費用ってどんなもの?

LIFE

妊娠/ 出産などで必要な費用

妊婦健診

1回の費用は5000円前後です。※回数が多いと高額になることがあります。

妊婦健診は自己負担ですが、助成金を受けることが出来ます。※14回

妊娠が分かったら区役所で妊娠届けを出し、様々な制度の説明を受けましょう。

妊婦健診費用助成

14回の妊婦検診を補助する制度で、母子健康手帳と妊娠健康診査受診票をもらい、それと

引き換えに健診を受けられます。市区町村役場で届け出を行います。

理想的な健診の周期その期間に受ける回数
妊娠満23週まで4週間に1回
妊娠満24週から35週まで2週間に1回
妊娠満36週から分娩まで1週間に1回

出産時に必要な費用

出産時に必要な費用は40万前後ですが、出産一時金で賄うことになります。

出産育児一時金

事前に合意書にサインを行い、健康組合から医療機関に直接出産育児一時金が支払われます。

しかし限度額があり42万以上は支払われないので、個室や分娩方法は検討しましょう。

赤ちゃんのイベントってどんなもの?いくら?

命名式・お七夜

お食事代1万前後で、無事生後7日目を迎えた事をお祝いする行事です。

お宮参り

祝詞料金で5000円〜1万前後で、氏神様に赤ちゃんが無事に生まれたことを報告するのと、今後の成長を祈願する行事です。

お食い初め

祝膳セットで5000円〜1万前後で、一生食べ物に困らないようにという願いを込めてご飯を食べさせるまねをする行事です。

働いている女性の方

会社によって制度が違う為、確認してみましょう。

出産手当金

産休している間は、働いている時の給料の3分の2が支給されます。届先は、勤務先の担当

部署に確認しましょう。また出産手当金が支給されている間は、健康保険料、年金保険料、

雇用保険料なども免除されます。

育児休業給付金

子供が1歳になるまで給料の67%が給付されます。届先は勤務先の担当部署に

確認しましょう。

高額な医療だった場合

妊娠をしている最中に病気になってしまったり、切迫流産や帝王切開などになって

治療費が上がった場合は、自己負担が保険適応の3割負担となります。

高額療養費制度

1ヶ月の医療費の負担額が高額だった場合にその分が返って来る制度です。届先は

国民健康保険なら市区町村役場、会社員は勤務先か健康保険組合

児童手当

0歳~3歳未満月額15,000円
3歳から小学校修了前第1・2子は月額10,000円
第3子以降は月額15,000円
中学生一律で月額10,000円
所得制限限度額以上の場合特例給付として月額5,000円

子供の養育費

公立私立
幼稚園234000482000
小学校3220001528000
中学校4790001327000
高校4510001040000
大学6613001360900

※「平成28年度子供の学習費調査の公表について」、「平成28年度学生生活調査結果」参照

※大学生の場合、賃貸などを借りて生活する場合もあるので注意です。また大学は年間です。

早いうちから教育費の積立を始めよう

まだまだ子供が小さい・また生まれていないからと思わずに目標金額を決めて

早いうちから、貯蓄や投資などを行い計画していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました